チャンス



世の中には、有名・無名に関わらず多くの講師がいる。
無名であっても、「世の中の人に知って欲しい」と、 心が動く講師は大勢いる。

100年後に残したい話、 100年後に伝えたい講師。
そんな熱い「思い」を伝えられる講師を 一人でも多く世に出したい。

「志」があるなら、 伝わる講師になってたくさんの人に その「志」を伝えて欲しい。
今年も、 熱い「思い」のある講師を 待っています。

(全国・講師オーディション実行委員会)

◆オーディション参加の流れ

参加プロセス

 ※予選会は、インターネットからの投票により行います。
     インターネット投票の期間:2017年9月1日(金)~2017年10月20日(金)正午

 ※ファイナリストはインターネット投票から8名、審査員推薦により2~4名が選出されます。

◆エントリーの詳細



事前・対策講座

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

ビデオエントリー

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

◆昨年の本選・動画



【第7回 最優秀グランプリ】 武藤 正幸 氏
【第7回 最優秀グランプリ】
武藤 正幸 氏

昨年の本選ダイジェスト


【第7回】 全国講師オーディション

◆本選出場者への5大チャンス!

チャンス



「全国・講師オーディション」は、今年で8回目となります。
今年は、①優勝賞金100万円のほか、
入賞者には以下のチャンスを ご用意しています。

チャンス② テレビ出演

テレビ静岡制作「テレビ寺子屋」への推薦
フジテレビ系列 全国24局にてオンエア
※本選のパフォーマンスにより、推薦者を決定します!

チャンス③ レンタルDVDの制作

TSUTAYAビジネスカレッジさんへの推薦(全国展開)

<レンタルDVDの一例>

チャンス④ 書籍の出版(予選会を含む)

チャンス⑤ 新聞への連載

経済誌の連載コーナーへの推薦

◆過去の本選・動画



【第6回】 全国講師オーディション

◆ファイナリストの声(抜粋)



「一歩踏み出すキッカケとなる話をしたい」

現在、カウンセリングの仕事をしています。相手の話を聞くことが多く、それ以外の引き出しも欲しいと感じていました。 講師塾に参加し、大谷さんに「人前で話すことの力」を教えてもらいました。例えば、誰かに「元気になりなさい!」とハッパをかけられても、なかなか元気にはなれない。ところが、誰かの話を聞いたことで、人生が変わったり、小さなことでも一歩踏み出せることがあるのだと学びました。 自分も大谷さんのように、聞いた人を元気にできるような、誰かが一歩踏み出すキッカケとなる話をしたいと思い講師オーディションへの参加を決意しました。

(家族カウンセラー 柿澤 一二美)

「出ることをきめたことは大きな一歩」

大谷先生の連載のコラムをインターネットで拝見して、すごく面白い先生がいらっしゃると思いました。調べてみたところ志縁塾が行っているとても興味深い全国・講師オーディションが開かれるということで、チャレンジしてみようと思いました。 講師オーディションに参加した後、講師の派遣会社に2社ほど登録をしました。1社からは実際に仕事をいただくことができました。 出ても何も起きないかもしれないけれど、出ることをきめたことは大きな一歩です。それに向けて動けたということも大きな糧になります。仮に本選に出場に出られる幸運に恵まれたのならばそれは大きな経験となり、今後の活動につながっていくはずです。

(科学のお姉さん 鈴木まどか)

「今回で4回目ですが、チャレンジは重要です。」

たぶん、日本では僕みたいにお店を持たない(常駐する店舗を持たない)ソムリエはいないと思います。このオーディションを知ったのは、知人から大谷由里子さんの話を聞いたのがキッカケです。北海道のワインを1人でも多くの人に知ってほしいと思いチャレンジを決めました。 今回で4回目ですが、チャレンジすることは重要です。自分から動いていくと、関係ないところから違う仕事が来たりもします。(笑)オーディションに出ることで、自分の活動に対してのフィードバックをもらえるのも大きいですね。こんなに良い場はなかなかないですよ。落ちる方が圧倒的に多いんだから、受かったらラッキーなんです。百聞は一見に如かず、です。

(ソムリエ 池田 卓矢)

「ご縁が広がりました。」

セルフ・ブランディングの1つとして、出たら良い経験になると思います。実際に出場して、大谷由里子さんをはじめ多くの人とのご縁が広がりました。オーディションに参加することは、自分自身にとって良いものになりました。 

(実業家 岡崎 勉明)

「自分のネタや芸風が、どこまで通用するのか?」

講師オーディションは、「自分のネタや芸風が、どこまで通用するのか?」を測る絶好の場でした。なにより事前の対策講座に参加することで、ネタを徹底的に磨き上げるコツを掴む事が出来ました。オーディション後は、ネタ作りの時間が3分の1になり、受講生から「へぇー」 「ほぉー」と言ってもらえるようになりました。

(中村 敦彦)

優秀な編集者とのご縁

講師オーディションは、私にとってハードルの高いチャレンジでしたが、参加して本当に良かったと思っています。審査員の先生方のフィードバックは、新たな自分の発見と、次のステップへの課題を同時に気付かせてくれるものでした。そして、優秀な編集者の方とご縁をいただき、未来へ向けてめちゃくちゃわくわくしています!

(稲積 サナエ)

今の自分に活かせる気づき

事前の対策講座では、講師としての志、ネタの作り方、ビデオ撮影、的確なフィードバックなど、講師勉強中の私にとってはオーディションとしてだけでなく、スキルアップに繋がる内容がふんだんに盛り込まれ、今の自分に活かせる気づきが多くありました。

(西條 由貴男)

10分間で伝える想い

「10分間で、自分の生き様をアピールする。」このオーディションは、自分を磨き上げる絶好の機会です。

(井手 修身)




本選ファイナリストの声

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。






審査員・スカウトの声(抜粋)



見事に裏切られました。

まったく期待してませんでしたが、見事に裏切られました。閉塞した時代を打ち破る、知恵と熱情を垣間見た思いです。さらなる大きなスケールの講師登場を切望します。

(株式会社オンリーハーツ 代表取締役 奥田真平)

大変刺激となりました。

本選でレベルの高い講演を行なうのは、まさに厳選された方々。 この方たちと一堂に会しお話できたことは、大変刺激となりました。

(株式会社こう書房編集部 鈴木啓一)

きらめく個性をもった方々との出会い

講師オーディションに参加でき、感謝です。きらめく個性をもった才能あふれる方々の話を聞けて幸せでした。次は、どんな方の話をきけるか、今からワクワクします。

(編集者 大田原恵美)

「その人の能力そのもの」を見ています。

オーディションでは「話し方のテクニック」ではなく、「その人の能力そのもの」を見ています。「能力が、ある水準を超えて輝いていたら」その光の輝きは、テクニックを超えて、必ず、相手に届きます。前回同様、本選当日、講師の方々の、輝きをみられることを、楽しみにしております。

(ダイヤモンド社 第三編集部 飯沼一洋)

編集者にとっても魅力的なイベント

慣れないオーディションに戸惑いましたが、面白い人物に多く出会え、良い刺激を頂きました。私たち編集者にとっても魅力的なイベントだと思います。今回も楽しみにしています。

(フォレスト出版株式会社 編集部 鹿野哲平)

◆オーディション参加の流れ

参加プロセス

 ※予選会は、インターネットからの投票により行います。
     インターネット投票の期間:2017年9月1日(金)~2017年10月20日(金)正午

 ※ファイナリストはインターネット投票から8名、審査員推薦により2~4名が選出されます。

◆エントリーの詳細



事前・対策講座

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

ビデオエントリー

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

審査委員長 大谷由里子氏プロフィール

京都ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業(株)に入社。
故・横山やすし氏のマネージャーを務め、
宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売り出し注目を集める。
2003年3月
研修会社の志縁塾を設立。
03年4月
大谷由里子のリーダーズカレッジ・スタート。
 
08年9月
ニューヨーク・マンハッタンで人生初の海外講演を行う。
09年9月
人生初となる「4冊」同時の出版にチャレンジ。
日本経済新聞(朝刊)でも紹介される。
2010年2月
経済産業省・神戸学院大学を中心とする
「ユニバーサルサービス・アドバイザー養成研修」にて、
未来の講師を育てる役割を担う。
2010年9月
ロサンゼルス(LA)と、サンディエゴにてW講演を実施。
2011年2月
6年目となる『新春』の特別講演会では、
入場者の累計が10,000人を超える。
2011年7月
TSUTAYAビジネスカレッジ「全国・講師オーディション」にて
講師の育成と、審査委員長を務める。
2012年8月
優勝賞金100万円の「全国・講師オーディション」を開催。
2013年4月
法政大学大学院・政策創造研究科 入学
2014年10月
読売テレビの報道番組・・「ニュースten.」にて、
人材育成の取り組みが紹介される。
2016年3月
法政大学大学院・政策創造研究科 卒業
2016年6月
日本全国・24局(フジテレビ系列、テレビ寺子屋)に出演。

~現在

人材活性プロデューサーとして年間300を超える講演・研修をプロデュースする傍ら、自らもプレゼンターとして、全国での公演・研修を精力的に行っている。
『笑い』を用いたユニークな「人材育成法」は、【NHKスペシャル】【日本経済新聞】などメディアで取り上げられ、話題となっている。

モットーは、「感じて・興味を持って・動く」人づくり!

大谷由里子公式HPケセラセラ

ごきげんで生きる48の方法 吉本興業女マネージャー奮戦記 大谷由里子の著書

 ●主な著書

 『吉本興業、女マネージャー奮戦記「そんなアホな!」』(立東舎)
 『ごきげんで生きる48の方法』(朝日新聞出版)
 『「出会い力」の磨き方』(PHP研究所)
 『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)
 『吉本興業、女マネージャー奮戦記「そんなアホな!」』(朝日文庫)
 『元気セラピー』(KKロングセラーズ)
 『話し上手な人のアドリブの技術』(KADOKAWA)
 『はじめて講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本』(KADOKAWA)
 『もし「ランチェスターの法則」で恋愛戦略を立てるなら』(佼成出版社)
 『はじめて講師を頼まれたら読む本』(KADOKAWA)

 ほか全31冊

主な著書

◆オーディション参加の流れ

参加プロセス

 ※予選会は、インターネットからの投票により行います。
     インターネット投票の期間:2017年9月1日(金)~2017年10月20日(金)正午

 ※ファイナリストはインターネット投票から8名、審査員推薦により2~4名が選出されます。

◆エントリーの詳細



事前・対策講座

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

ビデオエントリー

ボタンをクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

◆よくある質問


全国・講師オーディションとは何ですか?

志のある人を、全国から発掘するため 2010年より始まった日本初の取り組みです。

プロ・アマを問わず、

「100年後に残したい話、100年後に伝えたい人」

を探しています。

また、審査員やスカウトの中には、TSUTAYAビジネスカレッジのプロデューサー、メディア関係者、出版業界のスゴ腕編集者、講演・研修業界の関係者など、様々な分野で活躍中のプロフェッショナルがあなたの輝く才能を見つけに集まります。

ぜひ、この機会に、ご自身の才能をPRいただけますと幸いです。

参加の条件はなんですか?

成人の方は、どなたでも、ご参加いただけます。

予選、本選では、10分の持ち時間で「あなたの思い」を伝えてください。

事前・対策講座とは何ですか?

予選の前に、オーディションの審査委員長を務める
大谷由里子氏による「10分間のネタ作り講座」を受けられます。

話し始めの「ツカミ」から、中身の組み立て、そして最後の「シメ」について
初めての方にも、分かりやすくお伝えいたします。

ビデオエントリーではファイナリスト(本選出場者)になれませんか?

毎年、ビデオエントリーからも、ファイナリストが誕生しています。

昨年の優秀賞の一人は、ビデオエントリーから本選に進みました。

全国・講師オーディションの申込から本選までの流れを教えてください。

お申込みには

  • 『事前・対策講座』と『ビデオエントリー』
の2種類があります。


<事前対策講座>
お申込後、各会場の事前・対策講座を受講していただきます。
その後、予選会に出場していただきます。10分の講演をご披露ください。
10月19日(木)に予選通過者の発表をいたします。
予選通過した方は、12月3日(日)に東京で行われる本選へ出場していただきます。

受付を終了しました。


<ビデオエントリー>
お申込後、10分間の講演をビデオで撮影していただき、
9月30日(土)までにご郵送ください。

詳しい内容は、こちらよりご覧ください。

「事前の対策講座」と「予選会の会場」を、別の場所にすることはできますか?

はい。できます。
各会場とも定員がございますので、お早めにご相談ください。

■銀行振り込みをご希望の方(一般のご観覧席)

  → 銀行振り込みをご希望の方は、「【申込】全国・講師オーディション2017」と、
件名を付け、下記の情報をメールでお送りください。

----【メール申込フォーム】--------
「【申込】全国・講師オーディション2017」

※ふりがな
※氏名
※メールアドレス
※郵便番号
※住所
※連絡先の電話番号
※必要な座席の数(例:1席)

---------------------
↑メールでお申込のお客様は、上記の「7項目」を、
事務局までメール、又はFAXにてお送りください。

■ 申込先(メール専用)、全国・講師オーディション・事務局
event@shienjuku.com

※メール、又はFAXでお申込のお客様へ
1.お申込み後一週間以内に下記の銀行口座へ、チケット代金をお振込ください。
2.お座席のご用意は、ご入金のあったお客様より「先着順」とさせていただきます。
3.振込手数料は、お客様のご負担でお願いします。

■ 振込口座
三井住友銀行 新橋支店
普通預金  NO.2162730
口座名義   ユ)シエンジュク

【ご注意】
・お振込の際は、「お申込みされた、お客様のお名前」でお願いいたします。
・お振込時の「控え」をもって、領収書に代えさせていただきます。
・入場券の発送は、ご入金の順に発送となります。
・ご入金頂いた金額については、返金いたしかねます。予めご了承ください。
(イベントの中止や、お座席が満席の場合は、お返しいたします。)