◆お客様の声(抜粋)



  • 「盛りだくさんで、どのお話も大変興味深く聞けました。
  • 「非常に勉強になる楽しい時間を過ごさせて頂きました!  ありがとうございました!」
  • 「最近いろいろと悩みがちな自分の背中を押してくれる内容ばかり!
    来て良かったです!いずれ自分も出てみたいなと思いました。」
  • 「初めてでしたが、とてもレベルが高く驚きました。
    講師のこれからの成長が楽しみです。
    メディアや本で活躍されることを期待します。」
  • 「非常におもしろかったです。
    審査員の方の講評も聞けるので、なるほどと講演をきいた後に
    更に「こんな視点でみていたのか!」と気付きが得られました。」
  • 「10分間に1人の講師がかける情熱に感動しました。
  • 「初めて参加しましたが、たくさんの気づきを頂きました。
    また参加したいと思います。」
  • 「審査員の言葉が胸に響きました。自分の言葉、探します。」
  • 「オーディション初参加です。来年もぜひ参加したいと思います。」
  • 「有意義だった。飽きることのない面白いオーディションでした。」
  • 「本当に素晴らしいオーディションでした。
    いつか自分も!!と思えるオーディションでした。
    参加させて頂きありがとうございました。
    古市さんのお話は是非また聞きたいと思います」。
  • 「この値段ではもったいないくらいの10分×10人分のコンテンツが聞けた。
    デリバリースキル、話のまとめ方、立ち振る舞い方も勉強になりました。」
  • 「それぞれの講師の話に引き込まれました。レベルが高くて感激しました。」
  • 「とてもいい学びになりました。ありがとうございます。」
  • 「とても楽しい時間でした。
    参考になることもたくさんありました。気づきもありました、感動もありました。
    自分も講師、本の出版にチャレンジしようという勇気をもらいました。」
  • 「とても参考になりました。
    何故、その仕事をしているのか?その源泉の掘り起こしが大事だと思いました。」
  • 「直前に誘われて参加でしたが大満足・感謝です。
    この講師オーディションは大変意義深いイベントだと思います。
  • 「自分が話す立場になった時に参考になる事項がたくさんありました。
    ありがとうございます。」
  • 「お話の仕方、組み立て方などがとても勉強になりました。
    人を引き込む話し方、私にもできればと思いました。
    参加させていただけて良かったです。ありがとうございました。」
  • 「様々な境遇の方のご自身の経験にまつわるお話を聞けてとても勉強になりました。」
  • 「10分間という時間の中での講演の難しさが伝わってきました。
    言葉に「へ~」と思うことがあり、自分の普段の生活にも関係ありそうで、
    何らかのヒントになるかなと思いました。楽しかったです。」
  • 「一人一人、良く考えておられて10分間にまとめられていました。
    勉強になる話ばかりでした。」
  • 「ありがとうございました。
    10分間で伝えることの難しさ、そして伝えることの大切さが分かりました。
    また来年も聞きたいです。」
  • 「感動しました!すばらしかったです。
    良い機会をありがとうございました。」

自分がどう生きてきたかを全てさらけ出す

人前で話すということは、自分がそれまでどう生きてきたかを全てさらけ出す、ということなのだなと感じた。雄弁であっても真摯に伝えることが大切だと思った。1日があっという間でした。楽しかったし元気になりました。

(横田 和典)

1日でこれだけのエピソードを聴けてお得

本日はありがとうございました。10分でこんなに内容のある話ができるんだ! というのが1番印象に残りました。1日でこれだけのエピソードを聴けてお得でした。

(S・N)

審査員のフィードバックが鋭い

やはり共感できる講師の方は、独りよがりにはならない構成でお話されているんだなと感じました。 途中の審査員のフィードバックが鋭く、勉強になることが多かったです。内容に大満足です。

(T・S)

  • 数日前にFBを通して知り、初めて参加しました。 10分という短い時間で伝えることの難しさを皆さんきちんと伝えて、すごいと思いました。 とても勉強になり、これからの活動に生かしていきたいと思います。 
  • 講師の皆様の「話す」ことに対する熱心な取り組みぶりが伺え、聞いている側の魂を揺さぶる、そんな思いをしました。とても勉強になりました。
  • 講師は真剣勝負で、本当に勉強になりました。 様々なスタイルがあれど、 人に伝えられる技術が「自分らしい」ことが 大事だと思います。
  • 10分間という時間の中での講演の難しさが伝わってきました。 言葉に「へ~」と思うことがあり、自分の普段の生活にも関係ありそうで、 何らかのヒントになるかなと思いました。楽しかったです。
  • 直前に誘われて参加でしたが大満足・感謝です。 この講師オーディションは大変意義深いイベントだと思います。
  • 最近いろいろと悩みがちな自分の背中を押してくれる内容ばかり! 来て良かったです!いずれ自分も出てみたいなと思いました。
  • 素晴らしい機会をありがとうございました。このために大阪から来てよかったです。早く帰って、友人に話したいです。
  • この値段ではもったいないくらいのコンテンツが聞けた。 デリバリースキル、話のまとめ方、立ち振る舞い方も勉強になりました。
  • 非常におもしろかったです。 審査員の方の講評も聞けるので、なるほどと講演をきいた後に 更に「こんな視点でみていたのか!」と気付きが得られました。
  • ◆ファイナリストの声(抜粋)



    「一歩踏み出すキッカケとなる話をしたい」

    現在、カウンセリングの仕事をしています。相手の話を聞くことが多く、それ以外の引き出しも欲しいと感じていました。 講師塾に参加し、大谷さんに「人前で話すことの力」を教えてもらいました。例えば、誰かに「元気になりなさい!」とハッパをかけられても、なかなか元気にはなれない。ところが、誰かの話を聞いたことで、人生が変わったり、小さなことでも一歩踏み出せることがあるのだと学びました。 自分も大谷さんのように、聞いた人を元気にできるような、誰かが一歩踏み出すキッカケとなる話をしたいと思い講師オーディションへの参加を決意しました。

    (家族カウンセラー 柿澤 一二美)

    「出ることをきめたことは大きな一歩」

    大谷先生の連載のコラムをインターネットで拝見して、すごく面白い先生がいらっしゃると思いました。調べてみたところ志縁塾が行っているとても興味深い全国・講師オーディションが開かれるということで、チャレンジしてみようと思いました。 講師オーディションに参加した後、講師の派遣会社に2社ほど登録をしました。1社からは実際に仕事をいただくことができました。 出ても何も起きないかもしれないけれど、出ることをきめたことは大きな一歩です。それに向けて動けたということも大きな糧になります。仮に本選に出場に出られる幸運に恵まれたのならばそれは大きな経験となり、今後の活動につながっていくはずです。

    (科学のお姉さん 鈴木まどか)

    「今回で4回目ですが、チャレンジは重要です。」

    たぶん、日本では僕みたいにお店を持たない(常駐する店舗を持たない)ソムリエはいないと思います。このオーディションを知ったのは、知人から大谷由里子さんの話を聞いたのがキッカケです。北海道のワインを1人でも多くの人に知ってほしいと思いチャレンジを決めました。 今回で4回目ですが、チャレンジすることは重要です。自分から動いていくと、関係ないところから違う仕事が来たりもします。(笑)オーディションに出ることで、自分の活動に対してのフィードバックをもらえるのも大きいですね。こんなに良い場はなかなかないですよ。落ちる方が圧倒的に多いんだから、受かったらラッキーなんです。百聞は一見に如かず、です。

    (ソムリエ 池田 卓矢)

    「ご縁が広がりました。」

    セルフ・ブランディングの1つとして、出たら良い経験になると思います。実際に出場して、大谷由里子さんをはじめ多くの人とのご縁が広がりました。オーディションに参加することは、自分自身にとって良いものになりました。 

    (実業家 岡崎 勉明)

    「自分のネタや芸風が、どこまで通用するのか?」

    講師オーディションは、「自分のネタや芸風が、どこまで通用するのか?」を測る絶好の場でした。なにより事前の対策講座に参加することで、ネタを徹底的に磨き上げるコツを掴む事が出来ました。オーディション後は、ネタ作りの時間が3分の1になり、受講生から「へぇー」 「ほぉー」と言ってもらえるようになりました。

    (中村 敦彦)

    優秀な編集者とのご縁

    講師オーディションは、私にとってハードルの高いチャレンジでしたが、参加して本当に良かったと思っています。審査員の先生方のフィードバックは、新たな自分の発見と、次のステップへの課題を同時に気付かせてくれるものでした。そして、優秀な編集者の方とご縁をいただき、未来へ向けてめちゃくちゃわくわくしています!

    (稲積 サナエ)

    今の自分に活かせる気づき

    事前の対策講座では、講師としての志、ネタの作り方、ビデオ撮影、的確なフィードバックなど、講師勉強中の私にとってはオーディションとしてだけでなく、スキルアップに繋がる内容がふんだんに盛り込まれ、今の自分に活かせる気づきが多くありました。

    (西條 由貴男)

    10分間で伝える想い

    「10分間で、自分の生き様をアピールする。」このオーディションは、自分を磨き上げる絶好の機会です。

    (井手 修身)



    ◆ファイナリスト・インタビュー


                           

    木村玄司(きむら・げんじ)
    『子供の自信とやる気を引き出す
         たった1つの「質問」』

    金森彩加(かなもり・あやか)
    『すべては笑顔のために』

     

    栗木大輔(くりき・だいすけ)
    『自分で決めよう!自分の価値』


    桑野麻衣(くわの・まい)
    『マナーの極意』

     

    堀越一寿(ほりこし・かずひさ)
    『歌舞伎を見て
         自国の文化を誇れる自分に』

    松田道明(まつだ・みちあき)
    『お葬式って何でするの?』

     

    西澤圭一(にしざわ・けいいち)
    『笑顔をつくる心の灯油』


    石川和男(いしかわ・かずお)
    『誰もが幸せになれる
         世界一簡単な方法』
     

    勝又光成(かつまた・みつなり)
    『恩送り』


    木谷淳二(きだに・じゅんじ)
    『幸せのゲンコツ』

     

    渡辺ゆきよ(わたなべ・ゆきよ)
    『キレイは国力』


    武藤正幸(むとう・まさゆき)
    『なぜあの人を
         応援したくなるのか』




    ◆審査員・スカウトの声(抜粋)



    見事に裏切られました。

    まったく期待してませんでしたが、見事に裏切られました。閉塞した時代を打ち破る、知恵と熱情を垣間見た思いです。さらなる大きなスケールの講師登場を切望します。

    (株式会社オンリーハーツ 代表取締役 奥田真平)

    大変刺激となりました。

    本選でレベルの高い講演を行なうのは、まさに厳選された方々。 この方たちと一堂に会しお話できたことは、大変刺激となりました。

    (株式会社こう書房編集部 鈴木啓一)

    きらめく個性をもった方々との出会い

    講師オーディションに参加でき、感謝です。きらめく個性をもった才能あふれる方々の話を聞けて幸せでした。次は、どんな方の話をきけるか、今からワクワクします。

    (編集者 大田原恵美)

    「その人の能力そのもの」を見ています。

    オーディションでは「話し方のテクニック」ではなく、「その人の能力そのもの」を見ています。「能力が、ある水準を超えて輝いていたら」その光の輝きは、テクニックを超えて、必ず、相手に届きます。前回同様、本選当日、講師の方々の、輝きをみられることを、楽しみにしております。

    (ダイヤモンド社 第三編集部 飯沼一洋)

    編集者にとっても魅力的なイベント

    慣れないオーディションに戸惑いましたが、面白い人物に多く出会え、良い刺激を頂きました。私たち編集者にとっても魅力的なイベントだと思います。今回も楽しみにしています。

    (フォレスト出版株式会社 編集部 鹿野哲平)